蒼い月夜の下ダラダラと

schmitt.exblog.jp ブログトップ

更新し損ねた!

更新しようとしたらメンテとかw  キルヒェです。


先日作った神姫サイズのAKS-74Uの複製を試みてます。
上下の型がはがれず、原型がシリコンの塊に埋まってしまったり・・・
なんとかそれを割ってレジン流しテストしてみたら、
空気穴と注ぎ口が一直線上だったせいでレジンだだ漏れしたり・・・

そこで空気穴をランナーで塞ぎ、新たに空気穴を増設。
常に何か詰めておかないといけないという不便さはありますが、とりあえず型完成。
早速複製!
f0048860_13483027.jpg

Oh, good!
良い感じになってるじゃないの!

パルナルーニエ:「マスター、ホントに量産してくれたんだ。」
おうとも、これで全員分作れるぞ。
パルナルーニエ:「こんな人でもやるときはやるんだね、少し見直したよマスター。」
なんだろう、あんまり嬉しくないぞ。
f0048860_13484296.jpg

余計なとこを切って、バリも処理して、AKS-74Uが1つ増えました。
レシーバーのとこに大き目の気泡ありますが、まぁ埋められるレベルでしょう。


でも毎回穴塞いだり角度調節したりして作るのは面倒。
というわけで新たに型を作ることに。
f0048860_13485550.jpg

前のは欲張ってAKSとAK、2挺分の型をとっていたのですが
それで余計なシリコン消費するのももったいない。
素直にAKS-74Uだけの型にします。

前回の馬鹿を繰り返さないように空気穴は上に。
注ぎ口はグリップにして・・・
グリップからレシーバー、そこからハンドガードとマガジンに枝分かれ。
最後にストックを流れて空気穴に到着というルートを想定してみました。

油粘土と原型の間に隙間が出来ないように丁寧に原型を埋めます。
道具が無かったので、模型用彫刻等をヘラ代わりに使用w

f0048860_1349872.jpg

シリコンをダバーッと。
セオリー通り最初は細く糸みたいな状態でゆっくり流し、原型が隠れたら一気に流します。
小さい型ですが、ちょっと余裕を持ってシリコンは100g使用。

前の大きいものは150gでした。
実はさらに前にも失敗作があって、それも片側150g。
シリコン無駄にしすぎた・・・orz


固まるまで6~8時間と表記されてますが、大体固まった感じなので4、5時間で作業再開。
事故防止の為、良い子は時間を守りましょうw

写真はありませんが、粘土を除去します。
粘土は丁寧に取っ払いましょう。
特に原型付近は念入りに。
原型がシリコンから外れたら台無しなので、慎重に慎重に・・・

取っ払ったらまたシリコンを流します。
上下の型がくっつくと酷いことになります(試作1号機はそれでシリコンの塊にw)
今回はサーフェイサーを使用。
厚く塗ると完成品のモールドに影響しますので、薄く簡単に。
塗料の層が出来ればいいのです。

サフ吹いたら再びシリコン流し、固まるまで待機。

固まったらレジンの通り道を整え、作業しやすいように注ぎ口は大きく開口。
離型剤吹いて、2つの型を合わせてテープで軽く固定。
いざ、レジン投入!
f0048860_13493154.jpg

できました。
型3号機による試作クリンコフ1号機。
パッと見キレイに抜けてますが、ストックの上に出るはずの通り道がない。
どうやら通り道が狭すぎたようです。
他にも改修点があったのでそれらを処理。
よし、リベンジ。
f0048860_13494868.jpg

うん、良い感じです。
トリガーまでレジンがまわってなかったりマグに気泡が残ってたりしますが、
これなら許容範囲でしょう。
トリガーは・・・ここまで細かいのは仕方ないかなw
プラ板ででも作ってやればいいのです。

この後あえてバリを出すことでトリガーまでレジンがまわるようにしたり、
マグに気泡出来るの防止するために空気穴増設したりしました。
結果課題となるポイントは殆ど解決。
これにて一件落着。
無事、1/12スケールAKS-74U複製用の型が完成しました。
いやぁ、よかったよかったw
[PR]
by t-175_kir | 2009-08-05 13:49 | 武装神姫-銃器製作記-
line

武装神姫・YSFS・模型


by t-175_kir
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30