蒼い月夜の下ダラダラと

schmitt.exblog.jp ブログトップ

やっべー 試験ピンチー

連休終わっちゃった・・・  キルヒェです。


また学校で勉強してきました。
窓の隙間に入り込んだヤモリのせいで窓が閉められず、
そいつを追い出すために友人達と20分格闘・・・
何やってんだ大学生(
f0048860_355741.jpg

そして今日の1枚。
屋内ですが家じゃないです。
そこらへんから撮影場所はお察しくださいw

 スィクリターリ:「マスター、いい眺めだねぇ」
 スィクリターリ:「此処から見ればどの国も大して変わらない。」
なんで今更ACzeroなんだよ。
それにいい眺めも何も、ここ2階じゃねーか。向かいはグラウンドと林だし。
 スィクリターリ:「そういうこと言わないでよぉ・・・」



~おまけ:訓練風景”Su-27 VS 新入り2名”~

f0048860_3555294.jpg

 スィクリターリ:「ぐっ・・・」

 パルナルーニエ:「はいそこまで。スィクリターリ、シポーフニクチームの負け」
 パルナルーニエ:「個人個人の技術はSランク。いや、以上のモノあるけどね。」
 シポーフニク:「戦術機なんて無茶です。」
 スィクリターリ:「機動性に反応速度、色々桁違いですよぅ・・・」
 Su-27:「おいおい・・・自分で言うのもなんだが、第二世代の旧式だぞ?」
 Su-27:「そこに突っ立ってる姐さんなんて第三世代のラプター相手にソロで良い勝負するんだぞ。」
 パルナルーニエ:「未だ勝ててないけどね! ってそれは置いといて。」

 パルナルーニエ:「戦術機相手に1対1で挑むのは無謀だと事前に説明しただろう。」
 パルナルーニエ:「それなのに何故互いのカバーも忘れて突っ込む?」
 パルナルーニエ:「この部隊に英雄はいらない。必要なのは信頼出来る奴だということを忘れるな。」
 パルナルーニエ:「1+1を5にも10にもするんだ、わかったね?」
 パルナルーニエ:「あとね、私は”撃破しろ”じゃなくて”沈黙させろ”と言ったのよね。」
 パルナルーニエ:「律儀に真っ向勝負しないで、カメラとか脚部関節とか狙えばよかったでしょうに。」

 シポーフニク:「あのー・・・戦術機相手に単騎で挑むのは無謀と仰ったのに、何故教官は?」
 Su-27:「無礼だぞ。場数違いすぎるってw あと隊長、副長、姐さんは変態的化け物だからな。」
 Su-27:「普通の神姫とは赤ん坊とゴリラの差がある。一緒に考えちゃダメだ。」
 Su-27:「って、おっと・・・これは・・・」
 パルナルーニエ:「27さ、ちょっと最近なまってるんじゃない?」
 パルナルーニエ:「どう?久々に私とやってみる?   無論、実弾で。」
 Su-27:「うわぁい・・・」
[PR]
by t-175_kir | 2010-01-12 03:57 | 武装神姫
line

武装神姫・YSFS・模型


by t-175_kir
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30