蒼い月夜の下ダラダラと

schmitt.exblog.jp ブログトップ

イリーガル戦後その2

実技教習2回目 大分スムーズに動かせるようになりましたよ  キルヒェです。


エンコ1回やっちゃったけどw
交差点で止まって、1速で曲がるって動作が苦手っぽいです。
今後の課題だなぁ・・・


はいはいジャンヌ・ダルク、ジャンヌ・ダルク。

f0048860_4564597.jpg

更新予定日はまだ先なので、超ゆっくり作ってます。
2、3日ペースで作ると確かに速いんですが・・・疲れるんですよね。
今回は船たくさん作りたいので、体力とっとかないとw

主砲とかエグゾセの発射管とか、そういうの追加。
大分それらしい姿になってきましたね。
しかし、何で左右に積んだんだ主砲・・・w



f0048860_457626.jpg

 ジェラーヴリク:「今回は、少し疲れましたね・・・」
 ウラジミール:「だね。ここ最近のイリーガルでは一番手強かったw」
 ウラジミール:「そういえば企業連からのでさ、M16A2使ってる子いたじゃない?」
 ジェラーヴリク:「ティアナさんでしたっけ。」
 ウラジミール:「そうそう。その子のおかげでマガジン互換性の大事さを再認識したw」
 ジェラーヴリク:「先輩そろそろAK-102使いましょうよ。」
 ウラジミール:「M4に慣れるとなかなかねぇw」
 ジェラーヴリク:「AR-47みたいにAK-102のマグ使えるようにするとか?」
 ウラジミール:「あー、それいいかも・・・」

f0048860_4573588.jpg

 ズェールカラ:「あ、あの・・・」
 ウラジミール:「ったく、シケた面してるねぇw」
 ウラジミール:「悪いけど、私も具体的なアドバイスは出来ないよ。」
 ウラジミール:「気持ちは痛いほどよく分かるけどね。」

f0048860_4574881.jpg

 ウラジミール:「まぁ、なんだ。よく頑張ったんじゃないかな。」
 ウラジミール:「あんなクソみたいな現実目の前にしても、決して逃げなかった。」
 ウラジミール:「色々考える事はあるだろうけど、今すぐ答えを出す必要はない。」
 ウラジミール:「とりあえずちゃんと頑張った。そこを見なさい、ね?」

 ズェールカラ:「・・・急に褒められると、気持ち悪いですね。」
 ウラジミール:「ほぉー?」
 ズェールカラ:「あ、いや、その、ナンデモナイデス。」

 ズェールカラ:「でも・・・ありがとうございました。」


 ジェラーヴリク:(先輩いいトコ持ってたなぁ・・・ま、いいかw) 






そして、ゴタロー様へ。
先ほど視察チームが発ちました。明朝には着くと思います。
他所様の神姫は珍しいのか、隊員からひっぱりダコで・・・w
作戦終了後も暫く引き止めちゃってましたゴメンナサイ。
各分隊にそれぞれ配置しましたが、大変素晴らしい動きだったと隊員は絶賛しておりましたよ。
[PR]
by t-175_kir | 2010-11-22 04:58 | 武装神姫
line

武装神姫・YSFS・模型


by t-175_kir
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30