蒼い月夜の下ダラダラと

schmitt.exblog.jp ブログトップ

懲罰作戦?

セカンドライフでよく買い物してるお店からストライカーが販売したそうな  キルヒェです。


この前96式WAPC出たし、今度はストライカー・・・
これはBTR期待してもいいのかな?かな?
個人的にはBTR-70を切望しますw



f0048860_455078.jpg

 ジェラーヴリク:「シクヴァル、それ本当なの・・・?」
 ジェラーヴリク:「うん・・・うん。分かった、伝えておく。」

 クラードビシチェ:「副長、どうしたんですか?」
 ジェラーヴリク:「ラチェ、すぐに先輩とパルナ呼んできて・・・」
 クラードビシチェ:「先輩?・・・ヴァージクさんか。ラジャです。」

f0048860_46143.jpg

 クラードビシチェ:「副長、お連れしました・・・えっと、私は失礼したほうが?」
 ジェラーヴリク:「ありがとう。まぁ、ラチェもいていいわ。」
 ウラジミール:「ジェラー、指揮官たるもの物事顔に出さないほうがいいよー?w」
 パルナルーニエ:「うんうん、悪いお知らせなの丸分かりw」

 ジェラーヴリク:「・・・”ピョートル・ヴェリーキイ”の強行調査作戦です。」
 ジェラーヴリク:「隠密行動のため参加するのは1個分隊のみ・・・だそうです。」
 パルナルーニエ:「ぶっwww」
 ウラジミール:「無茶言うw」
 パルナルーニエ:「どう考えてもウチ製のイリーガルが出ちゃったことへの責任追及だねw」
 ウラジミール:「もっと他にすることあるだろうに。これだから偉い人は。」

 パルナルーニエ:「で?ジェラに何かあったらマズいし私達のどっちかが分隊長でしょ?w」
 ジェラーヴリク:「うん、そう。察しが良くて助かるわ・・・」
 ウラジミール:「ほーら、暗い顔しないの。指揮官らしくシャンとしてなさい。」

f0048860_465183.jpg

 ウラジミール:「そうだねぇ・・・いっそのこと私達2人行っちゃう?w」
 パルナルーニエ:「いやー、分隊長クラス2人消えたらマズいでしょw」
 パルナルーニエ:「よし、ジャンケンにしよう、ジャンケン!」

 ジェラーヴリク:「まったくこの人達は・・・w」
 ジェラーヴリク:「構いませんよ、必要なら2人行っても。・・・無事戻ってくるなら。」
 ウラジミール:「お任せ下さい、副長殿w」
 パルナルーニエ:「おおー、じゃあ2人行っちゃう?行っちゃう?w」

 クラードビシチェ:「えっと、あの、発言しても?」
 ジェラーヴリク:「許可する。・・・っていうかどうしたの?急にかしこまっちゃって。」
 クラードビシチェ:「その、怖くはないんですか?」
 クラードビシチェ:「明らかに無謀な作戦なのに、なんで笑って・・・」

 ウラジミール:「・・・怖いよ?ねぇパルナ?」
 パルナルーニエ:「怖くないわけないっていうか、怖くない作戦なんてないねw」
 パルナルーニエ:「でもね、怖いからこそ私達は生き残ってきたんだよ。」
 ウラジミール:「そうそう。恐怖心なかったらとっくに死んでる。そんな作戦ばっかだしw」
 ウラジミール:「だから・・・恐怖心を生き残る為の味方にするのさ。お守りみたいなもんだ。」

 ウラジミール:「っても簡単には分からないかな・・・決めた、ラチェを分隊に入れよう!」
 パルナルーニエ:「いいねいいねw 副長、新入り連れてっていい?」
 ジェラーヴリク:「最初に提示した条件だけ守ってくれれば問題ないわ。」
 パルナルーニエ:「けってーいw」

 クラードビシチェ:「ちょっ・・・えええぇぇぇぇぇ!?」
[PR]
by t-175_kir | 2011-03-09 04:11 | 武装神姫
line

武装神姫・YSFS・模型


by t-175_kir
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31