蒼い月夜の下ダラダラと

schmitt.exblog.jp ブログトップ

執行部からの派遣部隊

3年生初日終わり  キルヒェです。


教科書買い忘れた!
早く買わないといかんです。
3年生になって早々これだ・・・大丈夫か俺(


f0048860_555307.jpg

 フィオナ:「執行部より派遣されました、観戦武官フィオナです。」
 フランツィスカ:「同じくフランツィスカ。」
 ジェラーヴリク:「ああ、楽にして。話は聞いてる。」
 ジェラーヴリク:「ツェールカフィ副隊長ジェラーヴリクだ、よろしく。」
 ジェラーヴリク:「本作戦における負傷、死亡について我々は一切の責任を負いかねるよ。」

 ジェラーヴリク:「・・・あれ、3名派遣って聞かされてたけど?」
 フィオナ:「あ、”クレイン”なら・・・」

f0048860_5554371.jpg

 クレイン:「クラードビシチェさん!今です!」
 クラードビシチェ:「OK!」

 クラードビシチェ:「強く、強くなってやる・・・誰も死なせるもんか!」

f0048860_5555542.jpg

 ズェールカラ:「腰だめでも意外と精度良いですね・・・ちょっと見くびってました。」
 ズェールカラ:「まぁ、勢いがあるのはいいんですが・・・」

BAM!

 クレイン:「きゃぁ!?」

 ズェールカラ:「・・・その程度の距離なら私でも当てられます。」

f0048860_5561455.jpg

 クラードビシチェ:「迂闊だった・・・あの距離で当ててくるのか・・・」
 クラードビシチェ:「これで1対2。経験の差もあるし絶体絶命だね。」

f0048860_5562527.jpg

 クラードビシチェ:「ここで待ち伏せしておこう。とにかくまず1対1にしないと。」 

f0048860_5563525.jpg

 クラードビシチェ:「って、うわぁ!!」

 ウラジミール:「待ち伏せは結構だけど、一方向に集中しないことだ。」
 ウラジミール:「変に気張ってしますと周囲への警戒心が薄れる。注意しなさい。」

 ウラジミール:「さて、最後に言い残すことは?」
 クラードビシチェ:「・・・じ、ジオン公国に、栄光あr」

 BAM!

 クラードビシチェ:「アッ-!」




※)フィオナ嬢、フランツィスカ嬢、クレイン嬢はゴタロー様所有の神姫です。
氏の快諾により当方所有神姫を代役として登場させていただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。
また諸事情によりフィオナ嬢、フランツィスカ嬢の装備がオリジナルの状態と変わってしまっています。
申し訳ございません。
[PR]
by t-175_kir | 2011-04-07 05:56 | 武装神姫
line

武装神姫・YSFS・模型


by t-175_kir
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31