蒼い月夜の下ダラダラと

schmitt.exblog.jp ブログトップ

AK-108とか色々完成

授業がガチすぎる  キルヒェです。


AK達も完成したことだし、ちゃんと復習するようにしましょう。
もう2年の時と同じ轍は踏まない!
成績悪くても単位は絶対落とさない!

その完成した銃器の紹介は格納ー



f0048860_531071.jpg

フォアグリップ付きのAK-108は元々ジェラーヴリクが所持していたもの。
塗装をつや消しにする等若干の手直しをしたのです。

今回は全てつや消し。やっぱりこっちの方がカッコいいですね。
今まで半光沢だったのはなんとなく、つや消しだと引っ掛けて塗装ハゲやすいイメージがあった為w
でもそんなことなさそうですね。今後はつや消しを基本にしていきたいです。

f0048860_532852.jpg

というわけで以前も紹介しました副隊長であるジェラーヴリクのAK-108。
一部塗装以外全く変わっていませんが、つや消しにしたことで全体的に引き締まった印象になりました。
あと一箇所手を加えたのですがそれは後述。

f0048860_534030.jpg

同じくAK-108。こちらはズェールカラのもの。
元々はウラジミールに与えられるはずだったのですが、本人が譲渡しました。
小柄な3rd small素体でも無理なく扱えるようにM4のスライドストックを装備。

f0048860_535342.jpg

またAK-108ですが、マークスマンライフル仕様になっています。
マークスマンであるリューツィヤに配給されました。
フラッシュハイダーを変更し、チークピースとバイポッド、ショートマグを装備しています。
チークピースを装備するにあたってストックはAKS-74Uのスケルトンストックに。
結果他のAK-108と比べるとかなり意匠の異なるものになりました。

ちなみにですが、ストックは折りたたみ機能が廃止されています。
それに伴って折りたたみの基部とボタンがなくなってたりする小さなこだわりw

f0048860_54444.jpg

”規格外”イリーガル強制調査作戦参加に伴い、クラードビシチェに配給されたAK-102。
基本的には何も弄っていませんがKOBRAダットサイトを装備しています。
KOBRAは今回唯一の完全自作の新規製造品。
フルスクラッチでは過去最小ですね・・・地味に苦労したw

f0048860_553669.jpg

AK-102とマガジンを共有できるよう、ウラジミールの為に特別に作られたM4A1。
さしずめAR-102かSR-102といったところでしょうか。

画像じゃかなり分かりにくいのですがー
M4らしい塗装にしようと思い、レシーバーの色を変えてみました。
マグやストック、ハンドガードといった樹脂パーツよりやや明るいグレーになっています。

f0048860_5624.jpg

SOL付属のM4A1のレシーバーを加工してAK-102のマグをつけただけのお手軽改造。
その割にはかなり雰囲気が変わったと思います。
少し拘った塗装の効果もあってか、オリジナルよりカッコよくなったと個人的には思ってます。



んで、ジェラのAK-108の項で「後述する」とした内容がこちら。

f0048860_56141.jpg

今回初めてスコープやダットサイトの類が装備されたわけですが、
少しだけ気合を入れてレンズのコーティングを再現してみました。
メッキシルバーの上からクリアー塗料を塗るだけの簡単な作業。

Trijicon TA11 ACOGはまんまクリアーレッドで塗装。
comp M2とKOBRAはクリアーレッドの上からクリアーオレンジを塗っています。
なんとなくcomp M2のコーティングの色って明るいイメージがあったんですよね。
KOBRAはいまいち情報が足りず、想像でcomp M2と同じにしました。

マークスマンライフル仕様のスコープは差別化の意味も込めてブルーのコーティング。

接眼レンズ側には共通で直接クリアーブルーで塗装。
メッキシルバーとかはありません。

本当にお手軽な作業なんですが、良いアクセントになりますし本物っぽさも出るのでオススメです。


f0048860_56517.jpg

 リューツィヤ:「おおー、確かに反動も小さくて使いやすいね!」
 リューツィヤ:「集弾性も良好。気に入ったよ!」

 ズェールカラ:「そっちはプローンとはいえ、何で同じ銃でこんなに差が・・・」
 リューツィヤ:「えー?ズェールカラも十二分なスコアだと思うけど。」
 ズェールカラ:「片っ端から中心に収めてる人に言われても嬉しくありません・・・」
 リューツィヤ:「これでも私スナイパーなんだけどもねw」

 ズェールカラ:「・・・あ、ああ、そういえばそうでしたね、忘れてました。」
 リューツィヤ:「なっ、酷くない!?」


 クラードビシチェ:「これが私の銃・・・」
 クラードビシチェ:「よろしく、相棒!」


 ウラジミール:「仮称AR-102、結構カッコよくない?」
 ウラジミール:「AK-108も欲しいけど、気に入っちゃったかもコレw」
 ジェラーヴリク:「新しい銃が配備されると皆嬉しそうですよね。」
 ウラジミール:「そりゃねぇ、新しいモノは皆大好きだろうにw」
 ジェラーヴリク:「普通の神姫の感覚で言えば新しい服とかパーツとか、そんな感じですかね。」
 ウラジミール:「そうなるのかな?私達の場合それが銃ってだけだ。」
 ジェラーヴリク:「一応女性を模したロボット的にはいいんですかね、それ・・・w」
 ウラジミール:「女の子的にはめっちゃくちゃダメだね・・・w」
[PR]
by t-175_kir | 2011-04-08 05:07 | 武装神姫-銃器製作記-
line

武装神姫・YSFS・模型


by t-175_kir
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30