蒼い月夜の下ダラダラと

schmitt.exblog.jp ブログトップ

再始動

えらいこっちゃなってた仕事 ようやく落ち着きそうです  キルヒェです。


ウィングクットコレクション7をもう1つ購入したら、幸運にもP-39のイタリア軍仕様を入手。
欲しかったんですよねー
いやまぁ、目当てはイタリア軍ではなく・・・

付属のデカールで再現できるソ連軍仕様ですがね。

やっぱりエアコブラといったらソ連軍ですよー
このどこかソ連臭漂う機体。矢張り赤星が似合いますw


さて神姫ネタなんですが今回画像無し。
ゴタロー様の真似っこしたわけじゃなくてですね・・・
デジカメのバッテリー切れてましてね(






 シクヴァル:「ジェラ、ジャンクハンガーからの情報、これ・・・」
 ジェラーヴリク:「うん。やっぱり出てきたね。」
 ジェラーヴリク:「ま、あれで大人しくなってくれるわけはないかw」
 パルナルーニエ:「しかし見事だ。大規模な戦闘ではないとはいえ、軽症数名だってさ。」
 ジェラーヴリク:「正直驚いた。思ったよりやる。」

 ジェラーヴリク:「で、どうするかな・・・」
 パルナルーニエ:「向こうが動いた以上、こちらも動くしかないさ。」
 シクヴァル:「しかし、この前の調査のおかげでこちらにも希望はあるが・・・」


 ウラジミール:「希望はあるが、切り札の準備が間に合わない。」


 ジェラーヴリク:「・・・先輩、ノックぐらいしましょう?」
 ウラジミール:「ゴメンナサイ。」
 ウラジミール:「何より材料が”アレ”だし・・・なかなか調達できないみたいだ。」
 ジェラーヴリク:「間違ってもマスコミには知られたくありませんね。」
 ウラジミール:「サチーラにマスコミは抑えさせるよ。」
 パルナルーニエ:「本来ウチの隊員じゃないのにね・・・不幸な奴だw」
 ウラジミール:「使えるものは何でも使う主義なんだよ、私はw」
 パルナルーニエ:「ま、実際助かりまくりだけどねw」

 シクヴァル:「・・・」
 シクヴァル:「現刻を以てDEFCON3を発令する。警備班は増員。即応班も待機させろ。」
 シクヴァル:「例のモノの調達については・・・私が交渉を行おう。」
 パルナルーニエ:「交渉?もっとグレーっていうか黒いことじゃなくて?w」
 シクヴァル:「それは禁句かな・・・w」
 ジェラーヴリク:「まぁ、それが無いと我々はどうしようもないしw」

 ウラジミール:「スペードのエース、力ずくでも引かせて貰わないと・・・ね。」

 
 
[PR]
by t-175_kir | 2011-06-02 04:39 | 武装神姫
line

武装神姫・YSFS・模型


by t-175_kir
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30