蒼い月夜の下ダラダラと

schmitt.exblog.jp ブログトップ

もう1名配属!

うわぁ追試目前 今日は大学行ってみっちり自習かな  キルヒェです。




f0048860_531842.jpg

 ズェールカラ:「・・・それではクークラ、設計局内を案内しますのでこちらに。」
 クークラ:「あ、わざわざありがとうー」

f0048860_532963.jpg

 ヴィエーチル:「ああっ、ズェールカラさん・・・!」
 ヴィエーチル:(え、後ろの人誰・・・!?)

 ズェールカラ:「・・・なんです?」
 ヴィエーチル:「あ、えと、神姫同士のケンカだそうです。応援要請がこちらに。」
 ズェールカラ:「そんなの警察の仕事でしょうに・・・」
 ヴィエーチル:「それが・・・規模が大きくて警察では対応しきれないと。」
 ヴィエーチル:「自動小銃まで持ち出しているらしく、人も近寄れないようです・・・」
 ズェールカラ:「・・・どこから入手したんですかそんなもの。」

 ズェールカラ:「・・・仕方ない。」

f0048860_534046.jpg

 ズェールカラ:「・・・ヴィーチェ、サーリャ、ゴム弾の準備を。念のため実弾のマグも1つ。」
 ズェールカラ:「クークラも行きますよ・・・私のトカレフ貸します。」
 サラヴィエーイ:「・・・・はい・・。」
 クークラ:「え、いいの!?私ここきたばっかりなのに?」
 ズェールカラ:「訓練課程は修了しているはず・・・それに、実際見たほうが早く慣れます。」
 クークラ:「そっか、じゃあ足を引っ張らないようにだけは頑張るよ!」

 ヴィエーチル:「ひっ・・・い、いきなり実戦・・・ですか・・・?」
 ズェールカラ:「・・・この程度なら実戦の内に入りません。」
 ヴィエーチル:「で・・・でも・・・こ、怖いです。」
 ズェールカラ:「・・・いいから行きなさい。」
 ヴィエーチル:「・・・うぅう・・・はい・・・。」


 ズェールカラ:「・・・ズェールカラです。要請に従い3名連れて行きます。」
 パルナルーニエ:<はーい了解!私もリューツィヤ捕まえたから一緒に向かってるー>
 ウラジミール:<とりあえず私だけ現地。結構派手にやってるから気をつけて。>
 ウラジミール:<あ、あと誰か余裕あったらゴム弾のマグ持ってきて。実弾しかないの今w>
 ウラジミール:<頑張って格闘してるけどねー、疲れるっていうかあんまり殴ると銃壊れそうw>
 ズェールカラ:<・・・殴られる方の身にもなってあげてください。>
 ウラジミール:<ちゃんと加減してるよ!って、おい!待て!だからやめなさい!落ち着け!>

 パルナルーニエ:<大変そうだから私急ぐわw ゴム弾よろしくねw>
 ズェールカラ:<・・・お願いします。>
[PR]
by t-175_kir | 2011-08-29 05:06 | 武装神姫
line

武装神姫・YSFS・模型


by t-175_kir
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31