蒼い月夜の下ダラダラと

schmitt.exblog.jp ブログトップ

実はジャールは訓練校士官コース出だったりする

思ってたより給料入ってたんでプチ散在しちゃったのです  キルヒェです。


いやまぁ、1番くじのほむほむフィギュア買ったりしただけですけどね。
8kってポンと買えそうで買えない値段(




f0048860_335685.jpg

 ジヤヴォール:「アリス、丁度いいところにいるわね。」
 ジヤヴォール:「ちょっとだけ人がこないか見ててくれるかしらあ?」
 アリスタクラート:「・・・? 分かった。」


f0048860_34686.jpg

 ジヤヴォール:「・・・私よお。そう。押収されたトカレフのコピー品についてだけど・・・」
 ジヤヴォール:「そう。回収は無理だったわあ。ええ、迷惑かけるわねえ。」
 ジヤヴォール:「とんでもない。経験は浅いのは事実よ。でも舐めないでほしいわあ。」

 ジヤヴォール:「もちろん。MMS特殊作戦群管理会社には忠誠を誓っているわよお。

 ジヤヴォール:「切るわよお。ごまかすのも大変。そちらから連絡はしないでほしいわあ。」


f0048860_342749.jpg

 ジヤヴォール:「起動時間が長いことしか取り得が無いような連中ね。くだらない。」
 ジヤヴォール:「あら?」


f0048860_343680.jpg

 ジヤヴォール:「アリス?危ないほうがこっちに向いてるわよお?」

 アリスタクラート:「・・・とぼけるな。聞こえてないとでも思ったか。」

 ジヤヴォール:「何のことかしらあ?それに、その弾の出ないKordで脅すつもり?」
 ジヤヴォール:「サイドアームで脅すべきだったわね。弾無しの重機なんて怖くないわあ。」

 アリスタクラート:「チャンバー内に1発残してある。」
 アリスタクラート:「そして私の処理速度ならジャールが動く前に撃てる。」


 ジヤヴォール:「あら怖い。じゃあ1つだけ教えてあげるわあ・・・私は貴女達の味方よ。」
 アリスタクラート:「何を言うかと思えば・・・ふざけるな・・・」

 ズェールカラ:<・・・アリス、待ってください。ジャールの言っていることは真実です。>
 ズェールカラ:<・・・盗み聞きをしてすみません。でも必要なことでしたので。>
 ズェールカラ:<・・・詳しいことは言えませんが、私達を信じて下さいとしか。>
 ウラジミール:<そそ。なのでそこで殺されると困るw>

 ジヤヴォール:「そういうことよお。」


 ジヤヴォール:「今は何も教えてあげられないけど・・・」
 ジヤヴォール:「どうかしらあ?私と組まない?そうしたら全て教えてあげるわよお。」


f0048860_351761.jpg

 ジヤヴォール:「”組む”か”忘れる”か・・・こっちの世界は楽しいわよ。」


 アリスタクラート:「じゃあ、忘れる。」

 ジヤヴォール:「そ、即っ決ね・・・」
 ジヤヴォール:「ていうか、こういう時あれじゃないかしら?こう、組む流れじゃないのかしら。」 

 アリスタクラート:「そういう面倒事は好きじゃない。それに・・・」
 ジヤヴォール:「それに?」

 アリスタクラート:「これ以上役職ポンポン変わってたまるかって感じ。ねぇ、マスター?」

うっ・・・えと・・・・すんません。





元々迫撃砲兵として入隊(その為に環境センサー等も完備し、迫撃砲に特化した仕様)
 ↓
迫撃砲の配備遅延により機関銃手に転職
 ↓
環境センサーとか色々無駄に
[PR]
by t-175_kir | 2012-01-17 03:06 | 武装神姫
line

武装神姫・YSFS・模型


by t-175_kir
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30