蒼い月夜の下ダラダラと

schmitt.exblog.jp ブログトップ

ズェールカラは別件でお仕事に出かけます

更新サボると見るからにアクセス数減ってプチへこむわけでw  キルヒェです。


やべーもうすぐ追試結果発表と進級結果発表だ。
なんかもう3年生(2ループ目)が濃厚でやばい。
テーマソングは「私は何度でも繰り返す」。マジほむほむ。



f0048860_512794.jpg

 クローリク:「・・・ふむ。」
 ウラジミール:「トカレフは初めてかな?悪いね、ハンドガンの更新は全然進んでないんだウチ。」
 ズェールカラ:「・・・まぁ、かなり中身は弄られてますけどね。」
 ウラジミール:「そうそう。精度は十分。信頼性も高い。悪くない銃だよ。」
 クローリク:「なるほど。ありがとう。」

 クローリク:「それにしても・・・ウラジミールさん、でしたっけ。」


 クローリク:「なんていうかな、とても綺麗な神姫ですね。」
 クローリク:「綺麗というか可愛いというか・・・」

f0048860_515173.jpg

 ウラジミール:「・・・はいぃ!?」

 ウラジミール:「えと、え、皮肉?ジョーク?嫌味?」
 クローリク:「そこまで捻くれた神姫じゃありませんよ?」

f0048860_52973.jpg

 ウラジミール:「え、ちょ、何言ってんの!?」
 ウラジミール:「こんな顔の神姫にそんな・・・おかしいよ。」

 ズェールカラ:「あっあの!照れ隠しでヘッドロックはやめてくれませんか!」
 ズェールカラ:「貴女自分の力をちょっと自覚しt――痛い痛い痛い!ホントやめてヴァージク!!」

f0048860_522559.jpg

 ウラジミール:「ま、まったくからかうにしても・・・ねぇマスター?」
って言うわりにはなんかすげーリアクション乙女だけどどうしたお前。
まー俺は好きだけどなー・・・
 ウラジミール:「マスターの趣味変なの知ってるからあんま嬉しくないw」
なんだと貴様!

 クローリク:「ごめんなさい。結構思ったこと言っちゃうタイプで。」
 ズェールカラ:「・・・私これから作戦あるのに・・・頭痛い・・・頭痛とかじゃなくて普通に痛い・・・」



※クローリクの口調はちょっと仮のものです
[PR]
by t-175_kir | 2012-03-16 05:03 | 武装神姫
line

武装神姫・YSFS・模型


by t-175_kir
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31