蒼い月夜の下ダラダラと

schmitt.exblog.jp ブログトップ

物欲がががががが

なんかもう軍装関係の物欲がハンパないのです  キルヒェです。


先日ブルータイガーを購入したせいでもう欲望がマッハ・・・
いやもうマッハ通り越してLOSATとか神の杖レベル。

まずヘルメット。バイク用の代用品じゃなくてちゃんとしたレプリカほしい!
ベストも欲しい。
ANA社のV-V-1ベストを合わせてОМОНの暴徒鎮圧装備を作りたいところ。
しかし銃とあわせることを考えると他のベストも欲しくなります。
あとパッチですねパッチ。
ОМОНの楕円のパッチと背中につけるデカОМОНパッチはもはや必須。

オモンは本当に好きな部隊なので、暴徒鎮圧装備と対テロ装備両方揃えたいところです。


銃も欲しい銃も。
予定通りなら4月頃に大好きなPP-19の電動ガンが発売されるんですよね。
まだ資金的な問題があって予約等はしていませんが、これは是非買いたい。

しかし今マルイの次世代AKは全体的に絶滅危惧種と聞きます。
AK-74MNはもはや販売停止され、他のAK達も再生産が未定のものが多いです。
現在愛用しているAKS-74Uはサイドマウントの取り付け位置で後悔しているところがあり、
マルイからレシーバーを取り寄せて付け直したいと思っていますが、パーツ注文も難しいらしいです。
そんななか見つけてしまった、次世代AKにAK-47シリーズのマガジンを使えるようにするパーツ。

これを使えばAK-102にAK-47の7.62mmマガジンをつけてなんちゃってAK-104が再現できます。
そのままAK-74のマグをつけてもいいのですが、AK-104は本国での使用も確認されていて、
さらに大きく曲がった7.62mmマグは見た目にも大きな特徴になります。
てか・・・カッコいいんですよAK-104・・・
今までずっとAK-105が好きだったのですが、AKMの魅力に気づいてからはAK-104推しです。
LCTあたりのAK-104用ハイダーをつけて、レイルハンドガードにホロサイトとフォアグリップをつけたい・・・

AK-104のフルサイズモデルであるAK-103らしき銃を装備したОМОНの隊員も見られるので、
AK-104を装備してもさほど不自然ではないはず。
少なくとも同じ内務省スペツナズであるОМСНでのAK-104装備は確認されています。

f0048860_4512946.jpg

画像はОМСНの隊員とのこと。
フォアグリップつけたPKPもなかなか興味深いですが、一旦彼は放置です。

一番左の隊員がAK-104にベークライトの7.62mmマガジンをつけてます。
compっぽいダットサイト、クレーンストックに、ハイダーはなんかよくわからんもんつけてるしw

右から2番目の隊員もAK-104でしょうか?
左の隊員同様、ダットサイトにクレーンストック。マガジンは黒樹脂。
フォアグリップはもしかしてMOEかしら・・・なんか四角いですね。
バレル下にはフラッシュライト。ロシアZENIT社のゴツいやつかもしれません。

クレーンストックへの換装はまだいいとして、このAK-104にベークライトマグはやってみたいですね・・・


ああああ・・・どれもこれも欲しい!
装備も欲しいし銃も欲しい!

安西先生・・・金が・・・欲しいです・・・
[PR]
by t-175_kir | 2012-03-27 05:00 | エアガン/サバゲ
line

武装神姫・YSFS・模型


by t-175_kir
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30