蒼い月夜の下ダラダラと

schmitt.exblog.jp ブログトップ

AKMSU完成

なんか3時間だけのバイトなのに超疲れました なんでだろ  キルヒェです。


f0048860_44649.jpg

実は日曜日の段階で出来上がってました、AKMSU完成です!

ちょっと気合入れて時間をかけて塗装してみたのですが、
新しく導入した塗料がドライブラシに向かないわクリアーは殆ど切れてるわと散々でしたw
まぁ木目塗装も多少マシになったし、AKS-74Uよりはカッコ良くなったんじゃないかな。
今回木製であるハンドガードを半光沢にして、他の金属、ベークライト製のパーツをツヤ消しにしてみました。
多分、きっと、なんか厚ぼったいニスっぽい雰囲気が出たと信じてる。

f0048860_446614.jpg

f0048860_445582.jpg

原型となったAKピストルと並べると、随分弄ったなーとw
AKピストル→AKS-74U→AKMSUだから、一回5.45mmを経由して7.62mmに戻ってるんですよねコレ。
なんとも変な道のり・・・っていうか史実と逆だこれ!

アッパーのリブは作ってよかった。結構カッコよくできたと思います。

f0048860_4455979.jpg

ちょっと心配してたリアサイトとチャージングハンドルは意外と綺麗に抜けました。
こういう細かいパーツがあると見栄えしますね。
プラ板切って貼っただけなのに効果覿面w


f0048860_446038.jpg

 セレヂーナ:「やっぱり小さいんですね。」
 撫子:「そうだね~、大口径でコンパクトってのがウリだったんだけど・・・」

 ウラジミール:「結局反動デカくて実物と同じ欠点を抱えた、と。」
 ウラジミール:「クックックッ・・・笑えるw」
 ズェールカラ:「えっ!?・・・改善、できなかったんですか。」

 撫子:「仕方ないんだよ!基本的に内部機構は実物のトレースなんだし・・・」
 撫子:「それでも精度に関してはかなり良くなってるはずだよ。」

 ウラジミール:「その結果コストが上がる。さらに塗装に手間がかかるので大量生産もできない。」
 撫子:「塗装はマスターさんのこだわりだよ。私は塗装にまで関与はしてないからね。」
 ウラジミール:「で、さらっとスルーしたけどコストは?」
 撫子:「うぐ・・・AK-108より・・・高いです・・・」
 ズェールカラ:「!?」

 ウラジミール:「まぁでも、ジェラみたいに割とパワーのある神姫なら使えるでしょう。」
 ウラジミール:「反動さえなんとかなれば、やっぱりこの小ささで大口径は魅力さね。」
 ウラジミール:「2~3挺は配備されるんじゃないの?・・・実物みたいにw」
 撫子:「うぅ・・・マスターさんも私もお気に入りなんだよ・・・あんまり悪く言わないで・・・」

 ズェールカラ:「・・・というか、パルナさんは?真っ先にテストしたがりそうですが。」
 ウラジミール:「銃が銃だから、まともに試験しないといけないんだ。」
 ウラジミール:「あいつは確実に事実を捻じ曲げてでも数を入れたがるだろう?」
 ズェールカラ:「・・・ソ連製銃器大好きですしね。」
 ウラジミール:「というわけで行きたがるパルナを押し込んできた。」
 ズェールカラ:「・・・どこに?」
 ウラジミール:「フフフフフフ・・・」

 ズェールカラ:「・・・あ、やっぱいいです知りたくない。」
[PR]
by t-175_kir | 2012-04-17 04:51 | 武装神姫-銃器製作記-
line

武装神姫・YSFS・模型


by t-175_kir
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31