蒼い月夜の下ダラダラと

schmitt.exblog.jp ブログトップ

SPR風AK-108は大変優秀な成績を残したようです

ハンパに残った単位のおかげで金曜は1限終わり  キルヒェです。


朝だけ大学行って帰るってのも変に辛いもんですw
まぁ今日はセカンドライフでちょっとイベントありますし、その前にやることやったりしましょうかねー


f0048860_4282522.jpg

 ズェールカラ:「・・・アリス、そのまま撃ち続けて下さい。」
 アリスタクラート:「やってる。やってるけど・・・」

 アリスタクラート:「ダメ。勢いが落ちない。」

f0048860_428636.jpg

 ズェールカラ:「・・・スナイパーは何やってんですか。」
 ズェールカラ:「・・・ヴリェーミャ、支援を。早く。」

f0048860_4282627.jpg

 ヴリェーミャ:「そんな雑魚相手に、弾がもったいない。」

 ズェールカラ:<んな!?そんなこと言ってる場合ですか!>

f0048860_4282675.jpg

 ヴリェーミャ:「ったく、言われなくてもやってるわよ。少し黙って。」




-------------------------------------------------------------------------------------------------------




f0048860_4282756.jpg

 ヴリェーミャ:「ま、またやっちゃった・・・」
 ヴリェーミャ:「なんなのもう、この口は・・・」
 ヴリェーミャ:「あーもうイヤだわ。スコアは高くてもこれじゃ・・・」

 ズェールカラ:「・・・あ、ヴリェーミャ。」

f0048860_4282772.jpg

 ヴリェーミャ:「なに?」

 ズェールカラ:「・・・少し演習プログラムのレベル高くしすぎた気はしたのですが、お見事でした。」
 アリスタクラート:「あの支援なかったらちょっと危なかった。」

 ズェールカラ:「・・・多分ですけど、近いうちにLv.4イリーガルの取り締まりがあります。」
 ズェールカラ:「・・・その時は私の分隊に割り当てます。頼りにしてますよ。」
 ズェールカラ:「・・・とりあえずは以上です。この後歩哨もないですね。ゆっくり休んで下さい。」

 ヴリェーミャ:「あっ・・・」

 ズェールカラ:「・・・?」

 ヴリェーミャ:「いやなんでもないわ。それじゃ。」
 ズェールカラ:「・・・はい。ご苦労でした。」



 ヴリェーミャ:(ありがとう・・・)




アリスがリアアームユニット使ってKordをホールドする描写ってもしかして初めてかしらw
[PR]
by t-175_kir | 2012-06-08 04:32 | 武装神姫
line

武装神姫・YSFS・模型


by t-175_kir
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー