蒼い月夜の下ダラダラと

schmitt.exblog.jp ブログトップ

先日というか、2日ほど前

めっさ眠いです さっき入浴中に寝ました  キルヒェです。


先日我が家(マンション)で飛び降り自殺がありましたよ。
正直、驚きとかはないです。
自分が小学生のときにもありましたし、自分達が引っ越してくる前もあったみたいなので。
小学生の時は生で死体見ちゃいましたが、今回はもう搬送されたあとのようでした。
ホント、古いマンションだから簡単に進入出来ちゃうんですよね。
それで10階以上ある比較的高いマンションなので、こういうのに適しちゃってるのかもです。

というか、あまりこういうのに特別な感情を抱かない自分はおかしいんでしょうか。
流石に初めて飛び降り死体を見たとき、当時の純粋な(w 自分は凄く怖がったものです。
でも、そのときも落ちた人に対する感情ではなく、ただただ死体への恐怖でした。
それが今ではどうでしょう。
母から話を聞いたとき、恐怖どころか「フーン、まじでかー」程度にしか思わなくなってます。
一時期グロ画像とか結構見てたせいで感覚狂っちゃったのかな・・・

正直、前に無くなった親戚の遺体を見たときの方がショック大きかったです。
親戚のあの姿は・・・かなり凹みましたね。

なんだろう・・・この差は。
対象がまったくの他人と親戚というのはもちろんあるでしょうが、それだけとは思えません。
飛び降りた方には失礼だと思いますが、やっぱり病死と自殺の差なのかな。

無理矢理まとめちゃいますが、皆さん、自殺は止めましょう。
自分から命を絶ったとき、親はどう思うか・・・とかそんな奇麗事を言うつもりはありません。
ですが、事実こういう感情の差が生まれてるんです。
死んだときに「フーン・・・」程度に思われたくないですよね。
少なくとも、自分は嫌です。


軍事ファンは、ある意味人の死と一番近い趣味と考えています。
だからたまーに、いや、ちょこちょこ死について考えたりするんですよ。
こんなの自分だけでしょうけどw
なんか病んでるとか思われそうですが、たまにはこんな記事もありかなーと。


読んで不快に思われた方がいたら申し訳ありません。



TOS-1はちょこちょこ進んでいるのでご心配なく。
[PR]
by t-175_kir | 2007-11-18 03:15 | 日常
line

武装神姫・YSFS・模型


by t-175_kir
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30