蒼い月夜の下ダラダラと

schmitt.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:模型製作記( 201 )

砲塔大体完成

金曜バイト入るようにスケジュール提出しましたが 珍しくカットされました  キルヒェです。


いやでもラッキー!バイトだと思ってたけど午後が丸々あきました。
給料日ですし、電動PKM用の貯金も考えつつ軽く散財したいところです。
ま、まずまたロシアンなボディアーマー買おうとしてるのでその時点で出費確定してるんですがねw


さて、プラウダ高校所属IS-2(015号車)の砲塔進めてます。

f0048860_340365.jpg

溶接痕を再現して手すりも装備。
手すりめっちゃ壊れそうだ・・・完成までもつのかこれは(

溶接痕ですが、実車写真を見る限りでは砲塔前部との境界に溶接痕が確認できなかったのでそのように。
戦後改修型だから作りが少し丁寧になってるのかもしれませんがw

f0048860_3403827.jpg

車体の溶接痕もチマチマと。
相変わらず形成色を大事にしたいので伸ばしランナーで加工。
同様の理由で砲塔の溶接痕も伸ばしランナーです。
1/72だとあんまりやらないので、圧倒的経験不足でなかなか難しかったです。

f0048860_3404020.jpg

防盾上のカバー(?)のモールドも作り直しました。
ここばっかりは薄手のプラ板使ってます。
切り出しも位置決めも全部目測。いいんだ、俺適当だから(


これで砲塔の工作は殆ど終わりですね。あと細かいもんつけるだけ。
車体も2箇所だけ溶接痕やってないのでそこだけやりたいところです。
他の細かいところの溶接痕は・・・いいやw
とりあえず面倒なところは概ね終わったと思うので、早く塗装を始めたいですね。

フィギュア改造はどうしようかな・・・
マジでノンナちゃん乗せたいところではあるんですけどね。
俺の技術力の問題がw



いや、実はヨンパチで女性フィギュアは試作したことはあります。
一応「目」も描きました。所謂アニメ絵の目を。
ツリ目にして瞳も入れて、その中に光も入れることはできました。
なので不可能ではないのですが・・・
絵のスキルも工作のスキルも未熟でして、まだまだ実用段階ではないのですね。
[PR]
by t-175_kir | 2012-12-14 03:42 | 模型製作記

初期型に

ここ2日ぐらいバイト先でカウンターやらされてます  キルヒェです。


やだよう・・・4年ぐらいずっと厨房だったのに。今更レジとか怖いよう(




ウヘヘヘヘヘヘ・・・やっちゃったやっちゃった。

f0048860_4395096.jpg

防盾切っちゃった!初期型風に!
でも偶然か意図的か、この改造がしやすいような構造してました。
なので本当に切って、照準器の穴あけただけです。

f0048860_4395235.jpg

んで砲塔側に元々あった照準器用の穴。これも塞ぎます。
今回出来るだけ形成色を残したいので、こんな大穴埋めるのにパテとか使いたくない。
というわけでいい感じにランナー削ってそれをぶち込んでやりました。
あとはぶち込んだランナーを整形するだけ。
一緒に後期型の防盾に合った形になってる砲塔も修正します。ってもこれも削るだけですがw

画像はまだ途中のものですが、結構しっかり埋まったでしょ?

f0048860_4395533.jpg

んで鋳造表現のために接着剤塗って、金属ブラシで叩いてこうなりました。
うん、元々あった大穴は全く見えなくなりました。
防盾が小さくなったので、その上部にあるカバー(?)も合わせて幅を詰めます。
このカバー上部のモールド、当然幅詰めちゃったのでズレが生じます。
移植も面倒っていうかモールドの移植やる技術がないので自分で作ろうか計画中。
この部位だけはプラ板とか使って自作しようかなって。


f0048860_4395838.jpg

こちらが改造前。
かなり雰囲気変わりました・・・
考え無しにその場の思いつきでやった割にはそれっぽくなったかしら。
マジでよかった成功して(
[PR]
by t-175_kir | 2012-12-13 04:41 | 模型製作記

どこまで再現するか・・・

ガルパン9話は珍しくテレビで視聴  キルヒェです。


いや、素晴らしかった・・・!
ノンナちゃん無双!
今回も母なるロシアなBGMが充実しており、そっちも大満足。
プラウダ高校戦のとこだけDVD買うってのもアリかもしれませんな・・・

テンション上がってるうちにIS-2完成させちゃお(
あ、元々JS-2表記だったんですがアニメでIS-2と呼称してたのでそっち準拠で。
もう母なるロシアにあわせてИС-2でいいか。

f0048860_565720.jpg

とりあえず鋳造表現は大体終わってます。
実物の写真見るとパテ使ったほうがそれっぽくなりそうですがー
今回はちょっと思惑があるので意図的に接着剤方式をチョイス。
参考写真が試作車両だったかもですが、思ったよりも鋳造は粗くない。
というわけで600番で軽くならしてます。

f0048860_565313.jpg

あとペリスコープの再現というほど立派なもんじゃないですが、
何もないのも寂しいのでプラ板切ってペリスコープ代わりに突っ込んでたり。

で、ここまで記事を書いてから気付いた。
アニメ見ると本当は防盾の形状違うっぽい。っていうかИС-1とか初期型ИС-2(?)の防盾だこれ!
照準器がもっと内側で正面から見ると正方形に近い奴です。これはヤバいぞ。
どうしよう・・・ここ再現しようとすると結構面倒ですね。

あと溶接痕作ればとりあえず終わりかなって思ってたんですが・・・
おかしいな、気軽にサックサック作ろうとしてたはずなのに面倒が増えてる(
[PR]
by t-175_kir | 2012-12-12 05:07 | 模型製作記

ヨンパチJS-2mとプラウダ高校考察

試験1ヶ月半前だというのに・・・  キルヒェです。


ガルパンの影響で作ってます。

f0048860_5314182.jpg

JS-2mですね。タミヤのヨンパチ。
これを昨日の記事で紹介した動画に登場するプラウダ高校仕様にしたいなと。
プラウダ高校の中隊に1両だけ混じってるんですよね、JS-2mが。

編成はT-34/76(1942年型)とT-34/85(1944年型)、JS-2(1944年型)、KV-2(後期型)と思われます。
JS-2とKV-2は各1両で、T-34/85が6両(?)。
残りは全てT-34/76でフラッグ車もT-34/76。

んでこのプラウダ高校所属のJS-2mがまたなかなかに曲者でして・・・
昨日の動画を見ていただけると分かると思いますが、OVMの類が一切装備されていない。
劇中での活躍や公式サイトの画像を見るに、キットのストレート組みとは他にも異なる点があるようです。

ツイッターにも書いたのですが、プラウダ高校所属JS-2mの特徴を少しまとめてみます。



~プラウダ高校所属JS-2(1944年型)簡易まとめ~

・車体右側のOVMは無し(ただしフェンダー上のフック(?)は存在)
・車体左側は不明だが、同校のT-34を見るに工具箱は搭載されていると思われる
・車体前面に予備履帯装備(後部は不明)
・車体後部の牽引ワイヤーは多分搭載。KV-2は積んでた
・予備燃料タンクは多分4つ
・ライトは車体右側。タミヤのヨンパチで言えばDの車両。ただしホーンは装備されていない
・塗装は白一色の冬季迷彩
・砲塔側面にプラウダ高校の校章と黒字で「015」の車両番号。番号は車体前面にも記述



こんな感じ?
とりあえずヨンパチで組もうとするとOVMの取り付け指示を消さなきゃいけないですね。
鋳造表現はやりなおしですねぇ・・・手軽にさっさと作ろうとしてたのに(

塗装はどうしましょう。冬季迷彩は初の試みなのですが・・・
如何せん道具があんまりない。でもただの真っ白も面白くない。
以前作って途中で放置したM60みたいにドライブラシで頑張ってみますかねー
[PR]
by t-175_kir | 2012-12-08 05:34 | 模型製作記

ろぼがぼろぼろ

ねむい!  きるひぇです。


ドライブラシ終了ー

f0048860_4452021.jpg


・・・

f0048860_4453223.jpg


・・・・・

f0048860_4455992.jpg


 ま た や り す ぎ た 

F2型の比じゃないぜ!
ドライブラシ用の筆買ったら楽しくなっちゃった(

確かに、今回宇宙用ってことでフィルタリングもドッティングもしない方向だったんですよ。
だからその分ドライブラシだけでボロボロ感出さなきゃって思ってはいたんですよ。
一応、F2型のパーツ流用したところは最初に緑で、
ガトルのパーツ流用したとこは最初オレンジでドライブラシして塗装剥げを再現したんですよ。

でもその後をやりすぎた!



何故か写真だとちょっとカッコよく見える不思議(
[PR]
by t-175_kir | 2011-11-30 04:46 | 模型製作記

あとウェザリング

実習終わるとすげー楽  キルヒェです。


ドラッツェサクサク進んでますー
こんくらいの勢いで進むと気持ちが萎える前に作れますねw

f0048860_457191.jpg

今日はスミ入れしてデカール貼りました。
あとほんのちょっとだけディテールアップを。

青い機体なので白いインシグニアが映えます。


そしてブースターユニット。

f0048860_457513.jpg




・・・ハイ。

だって

そこに面があったから・・・!

作りかけのF2型のシールドとの関係は不明です。

f0048860_458570.jpg

ちなみに反対側も!シールドも!

あと珍しく被弾痕なんてやってます。
やり方は簡単。リューターの丸い奴をライターで炙って、それでゴリゴリやるだけ。
普通にピンバイスやリューターでやるよりもえぐれた感じになります。

f0048860_4581860.jpg

小さなディテールアップその1。
超分かりにくいですが、シールドに切断痕をつけてみました。
まぁ1/144ではオーバースケールですけどね。
でもあまりガンプラでは使われない技法なので新鮮かなーと。

もいっこのディテールアップはいつものモノアイ。
今回も穴あけて伸ばしランナー仕組みました。
ただし今回はモノアイレールの構造上、今までみたいなのはできませんね。
ただクリアパーツが入ってるだけ、みたいな。

もっと手間かければ質感あがるんですけど、めんどくせーので(


って、記事書いてたらランドセルのバーニアが1個どっか飛んでったし・・・
仕方ない・・・市販のディテールアップパーツで補うかぁ・・・orz
[PR]
by t-175_kir | 2011-11-29 04:58 | 模型製作記

どーらっつぇ!

何で最近神姫ネタが少ないかって? 勉強してないから=和室に入らないからだ!  キルヒェです。


いやレポート書いたりとかはしてるんですけどね。
レポート書くのはスペース使うので神姫置いとけない(
てかふつーにネタが無いのもある(


久々にプラモ作ってます。
ザクⅡF2型も完全には完成してないのにね(

f0048860_58487.jpg

HGUCのドラッツェ!
ゼー・ズールと一緒に買いました。ホントはドラッツェだけ買うつもりだったんですけどね・・・
ゼー・ズールのパッケ絵がカッコ良すぎた・・・

好きなんですよねー、ドラッツェ。
こういう末期感溢れる急造兵器大好きw

今回もウェザリングだけサクッとやって簡単に仕上げようと思います。
F2よりも別の意味でボロボロな感じが出せればいいなーなんて。

f0048860_592651.jpg

特徴ある40mm武器腕や、付属のガトリングではなくMMP80 90mmマシンガンをチョイス。
HGUCのザクⅡF2型から徴収しました。

作りかけのF2型だけでなく既存のF2型からも改造されたというカオス設定らしいので、
このような仕様や装備もあるんじゃないかなという妄想。

きっと武器腕が足りなくて、撃破されたF2型から腕持ってきたりしてるはず!
シールドもきっとスクラップから装甲板切り出して曲げてるんだ!そうに違いない!
胴体も既存機からの改造の場合、元のグリーンの上からの塗装でしょう。
なので使い込むと青が剥がれて下地のグリーンが・・・
良い塗料がなくてすぐに青がかすれて・・・

なんてw

残党軍なんて何でもアリですし、こういう無茶苦茶な設定考えるのも楽しいですねw


足が無くて腰が固定なおかげで組むのは超楽。
あっという間に組みあがるのでオススメキットですよー
[PR]
by t-175_kir | 2011-11-28 05:10 | 模型製作記

あと一歩っつうかほぼ完成w

補習終わったー 意外と面白かったです  キルヒェです。


盛大に失敗した10式ですが、ちょっと足掻いてみました。
全てはゴタロー様のコメント「個人的に汚し足りないような気がしないでもない」。

台無しになったウェザリングを見て思ったのです。
「砲塔の汚れが気になるなら、それが気にならないぐらい車体汚せばいいんじゃね。」
そう、砲塔を汚しすぎたと思ったなら砲塔がそれくらい汚れても仕方ないぐらい車体を汚せばいいのです。

f0048860_436452.jpg

というわけで車体にさらにタミヤアクリルを塗り、拭う。
そして筆を弾いて泥ハネを再現。

f0048860_437442.jpg

なんか画像では泥ハネとかが浮いて見えますが、実際はもうちょいなじんだ感じです。
あとデジカメバッテリー切れたんで最新の状態ではないです。
今はもう細部の塗装も終わって、あと履帯とセンターガイドに銀のドライブラシしたら完成。

久々に模型ちゃんと完成させたー・・・w
[PR]
by t-175_kir | 2011-08-04 04:37 | 模型製作記

やってしまったぁ・・・

やらかしました  キルヒェです。


やっぱり最後に失敗するキルヒェさん・・・
せっかく昨日まではなかなかカッコよく仕上がってた10式を台無しにしてしまいました (´・ω・`)

まず説明するよりも現状を。

f0048860_4403626.jpg

安っぽいし、きったねぇ・・・
スケール感の欠片も無い・・・



タミヤアクリルで泥汚れの表現をするつもりだったんです。
最近流行りのアルコールで拭き取る方式で。
まず保護のためにツヤ消しクリアーを。
残り少なかったので節約して吹きました。
節約して吹いたせいで表面がザラザラに。

しかし作業を優先してタミヤアクリルのバフをペタペタ。
乾燥後にアルコールで拭き取ろうとするもこれがなかなか落ちない。
ゴシゴシしてたら徐々に落ちてきたけど・・・
迷彩に使用したファレホが溶け出してきた。

なんかもうクリアーとかでは防ぎきれないらしいです。
迷彩に溶け出されたら敵わないので完全な拭き取りは断念。
もっと言うと表面がザラザラだったせいで余計に拭き取りが困難な感じに。


仕方ないので拭き取れる範囲で拭き取り。
バフの白っぽさが目立ちすぎるので薄くフィルタリング。
その後アルコールを含ませた爪楊枝でさらに可能な範囲でバフを取る。

結果がコレ。
確かに演習で汚れた感じにはしたかったけど、これは酷い。
実際画像より酷いです。


うわああぁぁぁ・・・・やってしまった。やってしまったああぁぁぁ・・・
もうこれ以上リカバーのしようがない。
もういいさっさと完成させよう (´;ω;`)

昨日までの重厚な10式が恋しいです・・・
[PR]
by t-175_kir | 2011-08-02 04:50 | 模型製作記

もうすぐ完成

なんか犬が足元にいて暑いんですが  キルヒェです。


今日から補講スタート・・・なんで薬理活性落とした俺 (´・ω・`)



10式はちょこっと進行。

f0048860_543783.jpg

M2等の細部を塗装しました。
ただし灯火とセンサー類はツヤがあったほうがいいので最後に塗装する予定。

f0048860_545279.jpg

後部のワイヤーも塗装して装備。
やっと箱の中からパーツが消えました/ ,' 3  `ヽーっ

OVMとワイヤーは本来車体色と同じ色に塗装されています。
これではつまらないのでOVMに金属色と木目を・・・というのもなんかつまらないし逆に浮きそう。
ワイヤーなら金属色塗ってもいいんですけどね。目立たないとこにあるし。
というわけでOVMは車体色で塗装されているものを「使った」という想定で少しもとの色が出た状態に。
・・・したつもりなんですが、これがどうも思ったとおりにいかなかった。
残念の極みなので画像は無し(



f0048860_555454.jpg

 ズェールカラ:「・・・ヒトマルですか。」
おや、お前も興味ある感じかね。
 ズェールカラ:「違います・・・ナージャが”もうすぐ10式が”って最近ずっと・・・」
 ズェールカラ:「正直アレなんで・・・さっさと完成させてもらえませんかね・・・」
あ、うん、なんかごめん(
[PR]
by t-175_kir | 2011-08-01 05:06 | 模型製作記
line

武装神姫・YSFS・模型


by t-175_kir
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31