蒼い月夜の下ダラダラと

schmitt.exblog.jp ブログトップ

派遣されたらしいですよ

電動PKM注文しちゃいましたよ  キルヒェです。


ふふ・・・初機関銃がPKMになるとは、なんて幸せなのでしょう・・・
15日着予定。今から楽しみですw



f0048860_5321679.jpg

 カミエーリヤ:「やっぱり・・・この時間に呼び出すのはマズかったかしら・・・。」
 カミエーリヤ:「でも早めに教えないとだし・・・」

f0048860_5321733.jpg

なんだよ、急に呼び出して。
 カミエーリヤ:「悪いわね。せめて、アンタだけにもって思って。」
 カミエーリヤ:「・・・って、護衛はつけるのね。」
わりぃ、別にお前を信用してないわけじゃないんだが。

 パルナルーニエ:「カミエーリヤだっけ?危険を冒してまでありがとうねーw」

f0048860_5321862.jpg

 カミエーリヤ:「まぁ、いいか・・・。」

 カミエーリヤ:「特戦管がジャンクハンガーに兵隊を派遣したわよ。」
 カミエーリヤ:「その数、10機以上。」
マジかよ。ウチの2、3個分隊に相当すんぞ。
 カミエーリヤ:「アーンヴァルMk.2とテンペスタの混成ね。テンペスタが主力みたいだけど。」
フライトユニットの有無は?
 カミエーリヤ:「不明。もし執行部の運用にあわせるなら装備してる可能性もあるわ。」
マズいな・・・ウチは複数の飛行型相手にする訓練はしてねぇぞ。
 パルナルーニエ:「対空火器もないしねw」 

 カミエーリヤ:「・・・。」
どうした?意外そうな顔して。
 カミエーリヤ:「いや・・・もう一戦交える気で話を進めてるのね。」
可能性としては十分にあり得るだろうと思ってる。
てかぶっちゃけ今の仮想敵はお前らとヴェリーキイだよ。
 カミエーリヤ:「いいの?私にそれ言っても。」
まぁ、お前らんとこも把握してんだろそんくらい。

 カミエーリヤ:「・・・微妙ね。」
・・・マジか。

ま、助かったよ。いい情報だ。
こっちも急がないとな・・・

 カミエーリヤ:「ホント、気をつけなさいよ?」
そのまま返すわ。俺らよりよっぽど危ない橋渡ってんぞ。
 カミエーリヤ:「わ、わかってるわよっ」



f0048860_5321941.jpg

 パルナルーニエ:「ねぇ、カミエーリヤ?」

 パルナルーニエ:「ジェラとヴァージクは、アンタを信じてるみたいだけど・・・」
 パルナルーニエ:「私は、MSAPのことなんて知らない。むしろいい印象なんてない。」
 パルナルーニエ:「特戦管なんて最高すぎて反吐が出る。」

 パルナルーニエ:「私は・・・あいつらみたいに、甘くはないよ。覚えておいてね?」

お、おいパルナ・・・

 カミエーリヤ:「いいわよ。正論じゃない。」
 カミエーリヤ:「信じろなんて言わないわ。難しいわよね?」
 カミエーリヤ:「そうね、頭の片隅にでも置いておいてくれたら、嬉しいわね。」

俺はジェラを信じてるからな、ジェラが信じるなら俺もお前を信じるさ。

 カミエーリヤ:「な、何カッコつけてるのよ・・・」



 パルナルーニエ:「なんだろうこの・・・私が悪者みたいな空気・・・」
[PR]
# by t-175_kir | 2013-04-12 05:34 | 武装神姫

またWoTネタでごまかし

更新あきすぎてやばい  キルヒェです。


大体WoTしてるかバイトしてるかなんですもの・・・ネタがががが。
ちょっとWoTネタでお茶濁させてください(


f0048860_533854.jpg

Tier10中戦車、T-62Aですねー
T-62に100mmライフル砲を装備した少数生産型です。
赤外線投光器がたまらん・・・!

T-54と比べると、圧倒的な砲精度と連射能力が魅力。
分あたりの攻撃力はピカイチなのですが、
砲の威力自体はT-54から変わっていないので1発の重きに欠けるのが欠点でしょうか。
貫通はそれなりにあるので、精度と相まって弾かれて苦しむことは大分少なくなりました。
砲塔もその形状とさらに強化された装甲で、砲塔ブチ貫かれることは殆どないです。頼れます。

問題は、車体装甲ですね・・・
T-54から20mm近くも減っていて、
T-54のように履帯吸収と併用でほぼノーダメージで接近戦をこなすことは難しくなりました。

あと何気に、最高速度も遅くなってるのが辛い。
T-54に比べて動きが若干もっさりしてます。

ただ・・・その高精度で高連射レートの砲は使っていて実に面白い。
T-54みたいに単独でガンガン攻めることは難しくなりましたが、
長距離の狙撃も可能になった分、友軍の支援の幅は広がりました。

まぁ、前置きが長くなりましたが・・・楽しい戦車です。
T-54も、T-62Aも。
いい相棒になってくれそうですねw


以下、ちょっと編集したSSを2枚。

f0048860_5331237.jpg

ベルリンに侵攻したソ連軍を迎撃せんとするⅦ号重戦車レーヴェ。
当時の写真風に。

f0048860_533103.jpg

とあるツイッターアカウントのヘッダーで使っているSS。
レーヴェのSSより解像度少し高くしてるプチこだわりw
[PR]
# by t-175_kir | 2013-04-06 06:01 | ゲーム

エイプリルフールネタはツイッターでやったのでこっちでは無しw

新年度ですよ  キルヒェです。


先日とうとう、WoTでT-62Aを購入しました。
いやー、とっくに開発は終わってたんですけどね。600万クレジットは高いw
T-54が十分に楽しかったので、半分それで満足してましたし(

でもふと思い立ち、一気にクレジットを貯めて入手しました。
昨年末に始めて早3ヶ月。とうとうTier10戦車を入手しました。
まだT-54の運用が染み付いてしまっているせいか、T-62Aの勝率がひっどいことになってますが・・・
これからT-54共々、愛車として付き合っていきたいですね。よろしくT-62A!





~友人宅にて~

f0048860_456463.jpg


 ズェールカラ:「・・・人んちまで私達連れてくるってどうなんですかね。」
ドール趣味の人もいるからきっと大丈夫だよ・・・きっと。
 ウラジミール:「どうだか・・・w」

んで、だ。ゴタローさんからメールがきてた。
ジャンクハンガーに依頼したお前の銃についてだな。

とりあえずショートの方は彼のM933ベースのカスタムでいいかって。

 ウラジミール:「あ、ブログにあったやつ?あれいいよね。」
 ウラジミール:「MOEハンドガード興味あったし、是非それでお願いしたいところだねー」

あとSPRっぽいのが欲しいつってたよな?
あれのハンドガード、トロイのTRXハンドガードとかLMTのMRPっぽいのとかにも出来るそうだ。

 ウラジミール:「言ってた言ってた。でもちょーっと心配があってね。」
うん?
 ウラジミール:「ヴリェーミャのAK-108とさ・・・」
うん。
 ウラジミール:「被るなぁって・・・」

 ズェールカラ:「・・・はぁ?」
今まで黙って聞いてたカリヤが・・・w

 ウラジミール:「分かってるよ!俗な理由でしょ!?」
 ウラジミール:「でもほら、せっかくオーダーメイド出来るならこう、自分だけの欲しいじゃない!?」

わからんでもないが・・・w
 ズェールカラ:「・・・マスターの銃も私達にはオーダーメイドですが。」
 ウラジミール:「違うの!分かる?分かんないかな?こう、他の人が作ってくれる嬉しさ?分かる!?」
俺のは嬉しくねぇのか・・・
 ウラジミール:「違う!そういうわけじゃないんだよ!違うの!分かって!MRP希望します!!」

MRP希望ね・・・じゃあそう返答しておきますネー・・・

 ズェールカラ:「・・・あーあー、マスター落ち込んじゃった。」
 ウラジミール:「うわぁ!マスターごめん!てかカリヤ今日キツくない!?この前の仕返し!?」

 ズェールカラ:「・・・別に。」

 ウラジミール:「悪かった!謝るからそんな目で見ないで!」





友人宅ってのはマジだったりする。
[PR]
# by t-175_kir | 2013-04-01 04:58 | 武装神姫

カリヤいじり

ヨドバシでトラペのBTR-40が980円でした  キルヒェです。


買うに決まってるだろ!いい加減にしろ!
ウチには既にBTR-152、BTR-60、BTR-70、BTR-80のキットが積まれているというのに・・・
なんだこのソ連APC謎の充実っぷり(




f0048860_4284332.jpg

 ウラジミール:「や、カリヤ。」
 ズェールカラ:「・・・お疲れ様です。」

 ズェールカラ:「・・・珍しいですね、ソレ(RG-6)持ってるなんて。」

f0048860_4284448.jpg

 ウラジミール:「あぁ、HEATのテストをね。」
 ズェールカラ:「・・・4mmHEAT弾ですか。今までHEしか殺傷弾頭なかったのに。」
 ウラジミール:「装甲貫通能力も大したことないしね、こんな小さい弾頭じゃ。」
 ウラジミール:「ただ、神姫程度なら十分だ。たとえ装甲が強化されてても。」
 ズェールカラ:「・・・その弾速だとヴェリーキイみたいな高機動なイリーガルには辛そうですね。」
 ウラジミール:「私ならどんな相手にでも当てれるけどね!」
 ズェールカラ:「・・・はっ、じゃあやってみてくださいよ。」



 ズェールカラ:「・・・あ、ちょっ」

―ビタンッ

 ズェールカラ:「いたっ・・・」



f0048860_428465.jpg

 ウラジミール:「ほっほう、言うわねぇカリヤちゃん?」
 ズェールカラ:「・・・マズい、久々のドSモード。」
 ウラジミール:「これなら当てれるわよねー?」
 ズェールカラ:「・・・いや、そもそもこの距離だとグレネード使う必要ないというか使えないというか。」
 ウラジミール:「そういえば安全装置のテストしてなかったわ。丁度いいしやっちゃいましょうか。」
 ズェールカラ:「・・・イヤです。安全装置が働いても働かなくても死ぬ奴ですソレ。」
 ウラジミール:「なるほど・・・」


 ズェールカラ:「・・・ご理解頂けたようでなによりd――」

 ウラジミール:「じゃぁちょっと死んでみない?

 ズェールカラ:「死ぬのにちょっともクソもないですよ!?」
 ウラジミール:「まぁまぁ、何事も経験だと思って。経験値稼ご?」
 ズェールカラ:「その経験値と引き換えに私の冒険終わっちゃうんですけど!?」
 ウラジミール:「おお ゆうしゃよ!しんでしまうとは なさけない!」
 ズェールカラ:「貴女が殺そうとしてるんじゃないですかァー!!」





相変わらずオチもなくドタバタ
[PR]
# by t-175_kir | 2013-03-27 04:34 | 武装神姫
line

武装神姫・YSFS・模型


by t-175_kir
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31